高知県の暮らし、生活環境

高知県

高知県の暮らしぶりについて解説します。
(執筆: パソコンショップC○ACH)


地理

四国のほぼ南半分を占め、四国最大の面積をもつ県。

だがその大半が山地や森林であり可住地面積は全国的に見ても最低レベル。

北は四国山地、南は太平洋に交通を阻まれたその地理的条件は古来より他地域との往来を困難なものにし、かつては流刑地であったり「陸の孤島」などとも呼ばれたこともある。

だが、そのおかげで独自の文化が育まれたという側面もある。


仕事

業種別にみるとやはり第一次産業が多い。後継者不足の農家、後継者不足の漁師、後継者不足の林業関係等々。どこも後継者不足だ。

もちろんみんながみんな第一次産業に従事しているわけではなく一般的な会社員なども当然ながらいる。

そしてどの業種でもブラック企業の多さには開いた口がふさがらない。土佐は鬼国(おにぐに)とも言われるがそこまで鬼にならなくてもいいんじゃないかとも思う。


教育

教育においては全国学力テストでもワースト争い毎度おなじみの1府1県(どことは言わない)と繰り広げていたが最近その辺りからは脱却したと人づてに聞いた。

もともと学校別学力は「私高公低」な感じがあったが近年ではそうでもないらしい。

高知と書いて「高い知能」と呼ぶ向きもあるが、そこは「高々知れてる」と思うのは私だけか?


交通機関

公共交通機関は地域により非常に格差が激しい。あるところにはあるが無いところには全くない。必然的に1人1台の車社会となる。これから逃れるには土電の200円区間内に住むしかすべは無い。

代表的な公共交通機関といえば、県境付近になるとほぼ地下鉄と化す「JR土讃線」、バッタものの新幹線の走る「JR予土線」、列車が駅舎に特別攻撃を敢行した「土佐くろしお鉄道」、そして一度たりとも乗ったことのない「阿佐海岸鉄道」などがある。

これらはすべて非電化の汽車であり、高知駅周辺の高架駅を汽車が通過する様は何か新鮮な感覚を覚えるものがある。

また路面電車なら、一時期対テロ警戒中だった土電(現:とさでん交通)が高知市付近の住民の足となっている。

一体どこのテロリストがわざわざ土電を狙うと思うのか、甚だ理解に苦しむものがあったが、乗客の安全を第一に考え警戒していると思えばそれはそれで良い事ではないだろうかとも考える。


買い物(日用品)

個性的なスーパー、個人商店には事欠かない。おそらく地方に行ってもその土地土地の文化に根ざした店があるだろう。そして普段見たこともないような品々に出会えるだろう。

高知県の代表的な地スーパーに関しては、こちらのサイトに寄稿している。


娯楽

自然だけは豊富なのでアウトドア派には普通にオススメできる。ただしマトモに観光地化されていないところも多いので本人の遊びの才覚も必要になってくる。

 

高知県の噂、お国自慢

chakuwikiの高知の項目を見るといい、あれが一番ためになる。

 

高知県のスコア

人口密度:★☆☆☆☆
温暖度:★★★★☆
海国度:★★★★☆
山国度:★★★★☆
給与水準:★★☆☆☆
通勤通学時間:★★★★★
自動車保有率:★★★☆☆
交通利便度:★★☆☆☆
軍事力:★★☆☆☆
工業力:★☆☆☆☆
持ち家の広さ:★★☆☆☆
保守的:★★☆☆☆
夜遊び充実度:★★★★☆
空気清浄度:★★★★☆
交通安全度:★★☆☆☆
治安:★★★☆☆
生活費の安さ:★★★★☆

広告

 

執筆者募集中

まだ暮らしぶり等の解説が揃っていない県もあります。

執筆してくださる方を募集中です。

執筆者にはお礼として、当サイト管理人の自作ゲーム(シェアウェア)を配布しています。

 

他の人に診断結果を伝える

何県に住むのが向いていそうだったのか、他の人に教えてみませんか?

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿時に自動でURLなどが表示されない方はこちらをコピーしてお使いください。

ブログなどで結果を紹介する場合は、次のテキストを使うと簡単にリンクが張れます。

 

SNS

更新があった場合は、「ふらいんぐパンジャンドラム」のTwitterアカウントで知らせています。
性格診断セブンに限らず、筆者の創作活動全般についてTweetしますが、興味がある方はフォローしてみてください。


戻る

都道府県適性診断のトップに戻る
もう一度診断する場合はこちらを選んでください。結果一覧もページ下部に載っています。

どこの県民性に似ているか診断したい方は → 県民性格診断へ
それ以外の診断は → 性格診断セブントップへ

このページの先頭へ