福島県の暮らし、生活環境

福島県

福島県全般の暮らしぶりについて解説します。
(執筆:杉田川)


地理

福島県は東北地方の南に位置し、北海道、岩手県に次いで全国第三位の広い面積を有します。県土は会津、中通り、浜通りの3地域に大きく分かれていて、山を越えると別世界のような気候となります。中心的な街には福島市、郡山市、会津若松市、いわき市などがあり、1つの県としての繋がりは意外と薄いものです。

米作りは盛んに行われており日本酒メーカーが多いです。国道沿いの山に「酒は大七」と書いてあったりします。また沿岸部では水産業も発展しています。工業製品の出荷額は東北最大で、主に電子機器関連の工場が目立ちます。多くの発電所が立地しており、東北だけでなく関東地方への電力供給も行われています。


仕事

福島県の平均年収は全国32位(2016年)で、やや低いといえます。大企業と地元中小企業との間で待遇に格差が生じる傾向があります。より良い就職先を求めて県外に移り住む人が一定数います。公務員を目指す人も多く、特に教師は人気の職業となっています。一方で役場は募集人員が少なく、小さい自治体では1人で何役もの業務を担当することになります。職業によっては古くから住んでいる人が有利になる場面もあるようです。


教育

人口があまり多くないため学校は少ないです。特に町村部では事実上の幼小中一貫教育となっていて基本的に全校生徒が知り合いです。人数が少ないこともあって1人ひとりの活躍が目立ちやすく、偉い人達と仲良くなることもあります。転校生は寂しく感じてしまう可能性がありますが、皆温かく迎え入れるでしょう。都市部の場合はまた違う事情があります。なお私立学校は非常に少ないです。

福島県における高校進学は公立高校が中心で、学費の問題から私立受験を考えない家庭も存在します。一部の公立進学校は名門として県内では評価されており、多方面に影響力を発揮しています。また実業系の高校も地域密着型の教育で強固な信頼を得ています。私立高校には野球で有名な聖光学院などがあります。大学進学に関しても国公立志向が強く、進学先として福島大学を選ぶ生徒が多くいます。


交通機関

地域の交通は自家用車が中心です。一般的な家庭の場合、通勤用と買い物用で少なくとも2台の乗用車を日常的に使用し、農家などでは軽トラックも保有します。1人1台というのは大袈裟な表現ではありません。路面が凍結すると田んぼに突っ込む車を見かけますが、山間部ではよくあることです。玄関から玄関まで真っ直ぐ移動できるため、都会の人よりも運動不足になりやすいようです。

公共の交通機関を代表するのはJR東日本の新幹線です。東京駅から福島駅まで約90分で移動でき、都市間交通の主役を担います。一方の普通列車は運行本数が少なく、利用客の多くを高校生が占めています。冬の朝には雪で真っ白になった電車が火花を散らしながら駅にやってきます。バス路線も存在しますが、やはり市街地の一部を除いて不便であると言わざるを得ません。時刻表が車に乗れと言っています。


買い物(日用品)

日常的な買い物は主にスーパーで行われます。車社会なので駐車場が整備されていることが殆どです。駐車場の広さが利用客の数を決めます。休日は多少混雑しますが、都会の住宅密集地におけるそれよりは余裕があります。農産物の直売所が各地に点在しています。物価は店によって違いますが、全体的にやや安め~やや高めだと思います。激安ショップや中古書店などは少ないです。


娯楽

福島県内には様々な観光資源があります。会津若松市の鶴ヶ城やいわき市のスパリゾートハワイアンズは特に有名です。イベントとしては二本松菊人形や相馬野馬追がよく知られています。山道を登って行けば温泉、キャンプ場、スキー場などにも容易に辿り着くことができるでしょう。東日本大震災の影響が続いていますが、心温まる風景が今も人々を迎えています。

 

福島県の噂、お国自慢

・ふぐすま県である。
・納豆消費量が全国最大。学校給食でも頻繁に提供される。
・喜多方ラーメンの幸楽苑が全国に展開している。
・カツ丼と言えばソースカツ丼のことになる。
・県内のマスコミは福島派と郡山派で二分されている。
・石を持ち帰ると目を潰されるといわれる海岸がある。
・全国で最初に24時間営業を開始したコンビニがある。
・かつてニコニコ共和国という独立国が存在していた。
・電波ゆんゆんの高校がある。
・円谷英二の出身地であり、福島空港はウルトラマン空港とも呼ばれる。
・着せ替え人形・リカちゃんの出身地でもある。
・会津鉄道の線路は東急田園都市線まで繋がっている。
・新白河駅は村に所在する全国唯一の新幹線駅である。

 

福島県のスコア

人口密度:★☆☆☆☆
温暖度:★★☆☆☆
海国度:★★★★☆
山国度:★★★★★
給与水準:★★☆☆☆
通勤通学時間:★★★★☆
自動車保有率:★★★★★
交通利便度:★★★★☆
軍事力:★★★☆☆
工業力:★★★☆☆
持ち家の広さ:★★★★☆
保守的:★★☆☆☆
夜遊び充実度:★★★☆☆
空気清浄度:★★★★☆
交通安全度:★★★☆☆
治安:★★★★☆
生活費の安さ:★★★★☆

広告

 

執筆者募集中

まだ暮らしぶり等の解説が揃っていない県もあります。

執筆してくださる方を募集中です。

執筆者にはお礼として、当サイト管理人の自作ゲーム(シェアウェア)を配布しています。

 

他の人に診断結果を伝える

何県に住むのが向いていそうだったのか、他の人に教えてみませんか?

Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿時に自動でURLなどが表示されない方はこちらをコピーしてお使いください。

ブログなどで結果を紹介する場合は、次のテキストを使うと簡単にリンクが張れます。

 

SNS

更新があった場合は、「ふらいんぐパンジャンドラム」のTwitterアカウントで知らせています。
性格診断セブンに限らず、筆者の創作活動全般についてTweetしますが、興味がある方はフォローしてみてください。


戻る

都道府県適性診断のトップに戻る
もう一度診断する場合はこちらを選んでください。結果一覧もページ下部に載っています。

どこの県民性に似ているか診断したい方は → 県民性格診断へ
それ以外の診断は → 性格診断セブントップへ

このページの先頭へ